2006年07月26日

チェロの松脂

matsuyani1.jpg matsuyani1.jpg

最近使用していた松脂(写真左「Archet」)が弦に対する引っかかりが足らず、気に入らなかったので、新しい松脂(写真右「Larsen」)を買いました。
松脂は弓に塗って弦との摩擦をアップさせるモノで、音に作用するとても重要なモノです。
特に、スタッカートのアタック部分や、pp(ピアニッシモ)のスラーなどで威力が発揮されると自分では思っています。

幼少〜高校時代に使用していた松脂が最高だったのですが、メーカーも覚えておらず、それらしきモノも店頭に置いてなかったので、一番引っかかりの強いモノを購入しました。

先ほど弾いてみた結果、かなりいいカンジでした。
弓使いに敏感に反応して音が出るので、表現が忠実に音になってるってカンジです。

そのうち弦も張り替えたいなぁ。。。
冷たい音色のナイロン弦より温かみのあるガットがいいなぁ。。。いくらかかるんだろ。。。汗
posted by Bumpyうるし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6550794

この記事へのトラックバック