2007年12月22日

新作制作中!その2(Flash編)

納豆タマゴかけ御飯を食ったら元気が出てきたので続きを書きます。。。
前の日記は「新作制作中!その1(Vocaloid2編)」です。

今日は映像のお話ですが、実はギリギリまで隠しておこうと思っていました。。。
が、「鏡音リン・レン」の発売直後に新作を完成させられる時間が無さそうなので、映像の一部を公開しちゃいます〜
って、勿体ぶるほどのもんじゃありませんが。。。

映像は、まずFlashCS3Proでカットごとのアニメーションを作成します。
背景のアニメーションとキャラクターのアニメーションが激しく異なる場合は、更に個々に作成します。
(ヤキイモミクとオヤジのバトルなんかがそうです)

FlashCS3Proでは、それぞれのパーツを「ムービークリップ」として独立させて作成し、ムービーを組み立てることができます。
例えば、ヤキイモミクのムービーがあったとすると、車のタイヤを回転させるムービークリップ、ガタガタ車体が揺れるムービークリップ、頭でリズムとるミクのムービークリップをそれぞれ作成し、「シーン」にそれぞれのムービークリップを配置すれば、それぞれが独立して動き出し、1つのシーンが出来上がるワケです。
1回ムービークリップを作っておけば、何回でも何個でも使えます。
(タイヤのムービーを1個作っておけば、前後のタイヤで使用できる)
また、自動的にループしますので、タイヤの回転なら1回転だけ作っておけば良いのです。

以上より、とっても簡単に、とっても素早くムービーを作ることができます。


と〜こ〜ろ〜が!


これは、FlashCS3ProでFlashムービー(作品集のほとんどのモノがFlashです)を出力する際のお話で、現実はそうは甘くありません。。。
実際に映像を作る場合、AVIという映像ファイルで出力しなければ、映像編集ソフトで編集できません。
当然、FlashCS3ProでAVIファイルを出力できるのですが、ここで大きな問題が出てきます。


なんと、せっかく作った「ムービークリップのムービーが全て無視される」のです!


要は、個々に作成したタイヤの回転やら車体の揺れが無視され、ただの画像としてそこに存在するのみとなってしまいます。
したがって、「シーン」上で全てのパーツをそれぞれ動かさなければならず、タイヤの回転1つ取ってもシーンが終わるまで回転させ続けなければならないのです。

これは非常にやっかいです。。。
鬼のようにあるパーツを全てシーンに配置し、それぞれ動かさなくてはなりませんから。。。
ですので、ヤキイモミク(AVIファイル)とミクシーケンサー(Flashムービー)では、ミクシーケンサーの方が滑らかでいろいろな動きをしますが、ヤキイモミクはカクカクで同じような動きばかりになってしまうのです。。。

当初はあれが限界でしたが、新作は違います!<怪しい
1か月以上の時間をかけ、毎日カットを数秒ずつ作り、見直しては修正を繰り返し、日々完成度を上げていってます。

まずは、ハデ(?)に光るステージの制作画面。

Demo2.jpg


お次は、鏡音リンでございます。

Demo3.jpg

気に入っていただけましたでしょうか?

なぜ背景がグリーンかと言いますと、ステージの映像の上に重ねる場合、映像には「透明」というものがなく、代わりに「キー」と言う機能を使用するからです。
これは、「グリーンキー」という映像編集ソフトの機能で、「グリーンだけ透明にする」という機能です。

当然ですが、キャラクターにグリーン部分があったら一緒に消えます。
ですので、キャラクターには使用していない色を「キー」で指定することもできます。

ところで、上の画像の「シーン」にはそれぞれ64フレームあります。
これは、曲の4小節分の映像に当たり、別に64フレームでなければいけないワケではありませんが、その方が計算しやすい利点があります。
1小節の中に16分音符が16個存在しますので、映像を16分音符刻みに動かす場合、16×4=64フレームとなります。

もっと細かい動きをさせたいのならフレーム数を増やせばいいのですが、その分パーツを動かさなければなりません。
ま、この辺が妥当かなという値です。

更にムービー全体を何fpsに設定するか決めます。
fpsというのは、「1秒間に何フレーム存在するか」という事で、普通のAVIでは30fps(正確には違いますが)、映画などのフィルムは24fpsです。

ここで重要なのは、「映像と曲を同期させる」ということですが、この時点で同期させるのは現実的ではありません。
新曲のテンポは160bpm(1分間に160拍)ですので、1秒間では160÷60=2.6666…拍になります。
1拍には16分音符が4個存在しますので2.6666…拍には、2.6666…×4=10.6666…個の16分音符が存在することになります。
したがって、同期させる為には10.6666…fpsにしなければならず、どう考えてもキッチリ同期させることは不可能です。

ここで不可能な事は後の映像編集ソフトで考えれば良いので、とりあえず、10.6666…に近いfpsに設定しておけばいいのです。
そこで、私は8fpsに設定しています(全然近くないけど)。
なぜ、8fpsなのかと言うと、64フレームあると64÷8=8となり、キッチリ8秒間のムービーが出来上がるからです。
必ずしもキッチリした秒数をこの時点で出力する意味は何もありませんが、なんかスッキリするかな〜みたいなノリです。。。笑


そんなこんなで、後半は計算ばかりでしたが、今日のところはこの辺で。。。



あら、すっかり朝だよ。。。汗

新作制作中!その3(Premiere編)へ続く。。。

とってもお世話になっているソフト
posted by Bumpyうるし at 07:13| Comment(24) | TrackBack(0) | 映像
この記事へのコメント
リンちゃんも可愛く描けてますよ。(*^_^*)/
今から仕事なので帰って来てから改めますね。
Posted by あすてぃ at 2007年12月22日 07:43
鏡音リンも上手く書けてますね〜
流石です。

FlashでMCがAVI出力されないのは私も困ってるんですよね〜
Adobeさんに無料でアップグレードしてもらいたいです。。
Posted by kent at 2007年12月22日 08:08
>あすてぃさん
さっそくありがとうございます!
ヤキイモミクより若干かわいく仕上がったかな?と思っておりますww

お仕事行ってらっしゃいませ〜

寝るに寝れない時間なので、今日もこのまま起きていることにします。。。
Posted by Bumpyうるし at 2007年12月22日 08:10
>kentさん
おお!ほぼ同時書き込みッスね!
ありがとうございます!

ムービークリップの問題は大きいですよね。
これが可能ならかなりハデなアニメーションが作れるんですが。。。

Adobeがんばれ!
Posted by Bumpyうるし at 2007年12月22日 08:13
>>うるしさん
おお!
時間が近いですねぇ!! 気づかなかった〜w

Flashの仕様なんですよね〜
Posted by kent at 2007年12月22日 19:34
記事に読みいちゃいました。(^_^)
ブログ上とは言えアニメーション製作過程に立ち会えるとは思わなかったです。

子供時分に国語の教科書を使ってパラパラ漫画を描いてた頃を思い出しちゃいました。

フラシュでアニメーション製作が容易になると言われてるのも納得できました。
Posted by あすてぃ at 2007年12月22日 21:18
>kentさん
同時でしたね〜<書き込み
ホント新しいバージョンでは改善していただきたいですよね〜


>あすてぃさん
書いてたら長くなっちゃいました。。。
できるだけ解り易く書いてみたつもりです。

私も国語の教科書にやりましたね〜
分厚いからいいんですよね!(笑
社会の教科書も良かったな〜

アニメーションは大変ですがとても楽しいですね!
少しずつ出来上がっていく所がまたいいです!

Flashムービー出力のみなら、ホント簡単に誰でもアニメーションが作れますからね〜
CDジャケットのデザインからアニメーションやゲームまで何でも作れちゃいますからとっても素晴らしいソフトだと思います。
Posted by Bumpyうるし at 2007年12月24日 00:52
>うるしさん

あすてぃさん向けのコメントにコメントさせてもらいます。。

イラストレーター買ったんですがFlashの方が使い慣れていて結局Flashで作ってしまうですよ
Flash最高ですね
Posted by kent at 2007年12月24日 03:07
>kentさん
私もイラストレータはホコリかむってます。。。笑
何しろバージョン9のままだし。。。

Flash最高ですよね〜!
Posted by Bumpyうるし at 2007年12月24日 03:33
> Kentさん

同じブログ上の仲間じゃないですか。(^^)
コメントの遠慮は無用ですよ。

うるしさんも同じ意見を前に書いて見えたのでそうなんですね。

話は少し外れますが、私がパソコンと出会った頃は160x100ドット8色表示とかなり厳しい環境でしかも2x4ドット単位でしか色が指定出来なかったのでパソコンで絵を描こうなんて思いも寄らない時代でした。
その後、640x200ドット8色表示出来る機種が登場してプログラム言語であるBASICのLINE,PSET,PAINTコマンドを使用してプログラムで絵を描いていたので今のお絵かきツールは何ひとつ使えず紙に鉛筆描きしたものをスキャナーで読み込ませる位しか出来なくなってしまいました。
Posted by あすてぃ at 2007年12月24日 05:17
mixiではお世話になってます〜。
Bumpyうるしさん、すごいですね。ぜひこれからもご活躍下さい。応援しています。

私事ですが・・・FLASH買ってるのに、まだ一度も使ってません。
今、絵本を作ってるんですが(紙ベースのもの)、できればFLASHで見せれるようにしたいと思っています。
「ページをめくる」「文字がでてくる」程度でいいんですが
どれくらいかかるでしょうねぇ〜。
PowerPointでも十分できますが、せっかく持ってるので使ってみようと思っています。

>あすてぃさん
はじめまして。私はかなり前からのペンタブレットユーザーなのに、未だにイラストは
>紙に鉛筆描きしたものをスキャナーで読み込ませる
Posted by bambi at 2007年12月24日 09:09
すみません。上記、操作ミスで「書き込み」になってしまいました^^;

イラストレーターも持っていますが
ずっと手描きでイラストを描いていたので
なかなかマウスやペンに馴染めません。
でもそんなんではダメですね。手描きもそろそろ卒業しなくては・・・。
Posted by bambi at 2007年12月24日 09:12
>うるしさん
この間セットでAdobe系を購入して
イラストレーターもCS3なんですが使いこなせなく眠ってますww

>あすてぃさん
有り難うございます(^^)
私は、Windows95が最初でした〜
15インチのCRTモニタが懐かしい。。
Posted by kent at 2007年12月24日 13:54
>あすてぃさん
私も最初はPC-6001でしたからねぇ。。。笑
グラフィックは諦め、記号(「○●▲■」など)を使って、皆ゲームを作ってましたよね。
今思えば、これが顔文字の原型だったのかもしれませんね〜


>bambiさん
ご無沙汰してます〜
mixiサボっててすみません。。。

Flashで絵本、素晴らしいですね〜!
絵本とFlashはとても相性がいいと思います。

「ページをめくる」には多少のActionScriptを必要としますが、「文字がでてくる」はテキスト入力じゃダメなんですか?
どんな風にしたいのか詳細を教えていただければお力になれると思いますよ〜

ちなみに、私もペンタブ持っていますが、Flashではマウスでイラスト描いてますよ。
ペンタブって使いにくくて。。。
その点、Flashだと一度描いた線のカーブとか場所をグイグイ動かせるのでとっても便利ですよね!


>kentさん
なるほど〜
私は個別にバージョンアップしていったのでセットとは無縁でした。。。
新しく購入するソフトが多い場合はセットの方が断然おトクですね!

でも、イラストレータはいらねぇ。。。苦笑
Posted by Bumpyうるし at 2007年12月24日 15:13
> bambiさん

はじめまして。うるしさんのお知り合いの方でしたか。お世話になります。
動画サイトなどで「描いてみた」を見と画面上で描く方が修正が利くので手描きより良いのかな?と思いました。

> Kentさん

15”CRTは当時4万円も出して買った覚えが...。
液晶ディスプレィの方が今や大きくて安く買えますね。(^^;

> うるしさん

キャラクタグラフィックですね。
懐かしい〜。
私が所有していたJR-200はユーザーフォントが使えたので一生懸命8x8ドットでキャラクタ作ってました。
00011000
00011000
00100100
11111111
10011001
00011000
00111100

ちょっと間延びしてしまったけどこんな感じ。

Posted by あすてぃ at 2007年12月24日 21:05
>あすてぃさん
懐かしいですなぁ〜
今ではFlashさえあれば簡単にハデなゲームが作れますからね!
驚きですよ。。。ホント。。。

DTMもスゴいもんなぁ。。。
昔持っていた大量の音楽機材はほとんど人にあげちゃいましたよ。
今はPC1台で何でもできちゃいますね〜
Posted by Bumpyうるし at 2007年12月25日 01:28
>うるしさん
ちょっと無理をしてMasterCollection買いました〜  高かった〜
買ったはいいけど殆ど使いこなせてない。。

>あすてぃさん
15インチCRT高かったですね〜
この間秋葉原でPCと液晶を買って帰ったのですが、この液晶がCRTだったら重いだろうなー なんて考えていましたw
Posted by kent at 2007年12月25日 07:13
>kentさん
な、なんと!MasterCollection!?
すげぇ。。。

AfterEffectも入ってるじゃないですか〜
いいなぁ。。。
Posted by Bumpyうるし at 2007年12月25日 07:45
>うるしさん

本当に思いきって購入したんですよ〜
AEなんて全然さわれないです(^^;)
Premiereだって全然なんですよ(XX)

使い慣れないとなぁ

MasterCollectionは初心者に大きすぎましたね〜w
Posted by kent at 2007年12月25日 12:11
>kentさん
いいなぁ、いいなぁ。。。
AEいいなぁ。。。<しつこいw

是非がんばってマスターしてAE教えてくださいよ〜<持ってないのに
Posted by Bumpyうるし at 2007年12月25日 17:58
>うるしさん

AEそんなにイイソフトなんですか!?
Posted by kent at 2007年12月25日 19:43
>kentさん
昔から欲しかったソフトで、最近やっと安くなってきたんですよ!
テレビなんかのモーションタイポグラフィ(文字を自在に操ってデザインされたムービー)や、立体的な映像の配置、様々なエフェクトなど映像を加工するにはとても便利なソフトです。
Premiereは最後にそれらの映像をまとめるだけってカンジですね。

Flashで画像を動かせるのは2Dですが、AEだと3D的に画像を動かせますし、別売のフィルタもたくさん出ています。
AEを持っていなければ「映像やってます」とは言えませんねぇ。。。

なので、私は映像に関してはお遊びの範囲です。。。笑

とっても素晴らしいソフトですよ!
Posted by Bumpyうるし at 2007年12月25日 22:05
>うるしさん

そんなに良いソフトだったなんて知らなかったです。
これはなんとしてでも使えるようにしないとなもったいないですね!
Posted by kent at 2007年12月25日 22:27
>kentさん
是非マスターして、私が買う頃にはいろいろ教えてくださいね〜
お金無いので当分買えませんが。。。涙
Posted by Bumpyうるし at 2007年12月25日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8667397

この記事へのトラックバック