2007年12月25日

新作制作中!その3(Premiere編)

メリークリスマス!
ってどのタイミングで言うんだっけ。。。汗

我が家はチーズフォンデュをやってみました。
ホントはモスチキンが食べたかったんだけど、デリバリ断られた。。。
そしてケンタにもフラれ、チキンは無し。。。涙

ってことで、今回は映像編集のお話です。
映像編集にはAdobeのPremiereProCS3を使用しています。
映像編集と言ってもそんなに大したことはやっていません。
要は、「曲と映像がいかにシンクロするか」をメインに組み立てていきます。

前回の「新作制作中!その2(Flash編)」で作成したカットごとの映像と曲のデモ版をPremiereProCS3に読み込みます。

Demo5.jpg

ここで、曲と映像をシンクロさせる為、再度計算が必要となります。
1カットが4小節分でその時間を求めるのですが、4小節の中に拍は4×4=16拍あります。
曲のテンポが160bpmなので、求める1カットの秒数をxとすると下のような式が成り立ちます。

160:60=16:x
 160x=60×16
 x=60×16÷160
x=6

したがって、1カット(4小節分)は6秒間となります。
たまたま、ここではスッキリした数字が出ましたが、特にスッキリした数字でなくてはイケナイわけではありません。
ただ映像が多少ズレるので修正の手間は出てきます。

前回の話で1カットのAVIファイルは8秒に設定していますので、PremiereProCS3に読み込んでから「速度・ディレーション」を6秒に変更してやると、自動的に6秒間の映像になります。
と言うことは、自動的に少し速回しの映像になったワケです。
もちろん遅くすることも、ほとんど停止状態にすることも可能です(完全停止はできません)。

さて前回、鏡音リンと背景ステージを別々に作りましたが、これをここで重ね合わせなければなりません。
現時点では鏡音リンはグリーンバックで作成した為、重ね合わせても背景のステージは全く見えませんので、グリーンバックを透明にする必要があります。
そこで、グリーンバックを透明にする「グリーンキー」というものを適用させるのですが、プリセットにはそのようなものは用意されていません(「ブルースクリーンキー」はありますが)。
そこで、「カラーキー」を選びスポイトで鏡音リンの背景の緑を吸い取ります。
これで背景のステージが無事現れましたが、そのままだとリンの周りに緑が少し残ってケバケバしていますので、「カラー許容量」を適度に増やして消します(やり過ぎるとリンも消えます)。

Demo4.jpg

同じような手順で、背景ステージ上にどんどんキャラを配置することができます。
で、奥にいるキャラを「ブラー」などでボカすと遠近間が出ていいかもしれませんね。

カットごとのAVIファイルの配置が終了したらレンダリングし、AVIファイル出力やMOV、MP4、FLVなど自由なファイルに出力することができます。

一般のAVIファイルは30fpsだと前回に言いましたが、細かく言うと29.97fpsだったりします。
更に細かく言うと、インターレースという機能が作動して、視覚上は倍の約60fpsになっています。
実は今回のアニメーションのように停止している状態の長い映像(カクカクと動く映像)にはインターレースは非常にやっかいです。
インターレースは、1フレームを奇数フィールドと偶数フィールドに別けて交互に表示する方法で、そのおかげで画像がチラチラして静止画やカクカクした動きの映像には向きません。
(動きの速い映像だとチラつきはあまり感じません)
これを解除することも可能なのですが、最終的にはWeb用にFLVファイルを作成するので、この時点では気にしなくて良いと思います。
てか、私は気にしていません。。。笑

そんなカンジで今日はここまで。。。

長いお付き合いのソフト
その割にはマスターしてない。。。
posted by Bumpyうるし at 02:51| Comment(12) | TrackBack(0) | 映像
この記事へのコメント
私は昨日 買いに行きましたよー
ケンタに 凄い人でしたが買えました〜w

曲のテンポとか全然分からないです 私
流石うるしさんですね〜
プロですね〜
Posted by kent at 2007年12月25日 07:16
>kentさん
ケンタゲットですか〜
我が家は並ぶの面倒だったんで、デリバリに期待したのですがダメでした。。。
去年はモスが持って来てくれたんだけどなぁ。。。

曲のテンポはFlashの「フレームレート」と同じようなものです〜
あっちはfps(Frames Per Second:1秒間中のフレーム数)ですがテンポはbpm(Beats Per Minute:1分間中のビート数)なので尺度が1分間ですね。
仲間のようなものです。

MasterCollection持ってる方がプロっぽいですが〜。。。笑
Posted by Bumpyうるし at 2007年12月25日 08:00
ケンタおいしかったですよwww

フレームレートはいつも初期設定の12fpsのままであまり触ったこと無いです。

丁寧な解説有り難うございます。
凄く勉強になります(^^)

全く使いこなせていないので(^^;)

AdobeAudition3も出てますがどうなんでしょう?
あのソフトは
AdobeAudition1.5は購入しましたがそれも全然使えてません〜(-- )

ソフトは無性に欲しくなってしまい
働いたお金をつぎ込んでしまいますw
Posted by kent at 2007年12月25日 12:17
>kentさん
むむ!勝ち組め!>ケンタ

私は映画が好きなので、フレームレートは24fpsにしてますよ。
デフォルト設定を720×480の24fpsにしてあります。
PremiereもAVIを書き出す時は24fpsにすると映画っぽくなるのでオススメです!
「Asalato feat.bountok+dmtetsu」という作品の実写部分は24fpsにしたおかげで映画っぽくなりました。
ただ、後半のスタッフロールも24fpsになっているので動きがカクカクに。。。
この辺は考えないといけないですね〜

AdobeAudition3、見てきましたがスゴいですね!
機能は十分だと思うのですが値段が気になります。。。
あれだけの機能を40000円台で買えるのは安すぎますねぇ。。。

1.5はどうなんでしょう。。。?

もしあれだけの機能が全て使える機能(たまに大げさに書いてあることがあるんで)だったらスゴいソフトだと思うのですが。。。
Posted by Bumpyうるし at 2007年12月25日 18:20
なんだか難しいですね〜
24fpsですか 今度チャレンジしてみます(^^)

私が購入した1.5は主に音声を切ったり音量調節程度しか使用してないです。
Audition3の体験版を入れてみましたがやはり使いこなせない。。

Adobeは大げさに書いてることが多い気がたまにします(^^;)
Posted by kent at 2007年12月25日 19:35
>kentさん
24fpsにした際にはインターレースも解除しておいた方がいいッスね。
インターレースだと視覚的に48fpsになっちゃうんで。。。
私も詳しく試した事がないのですが、インターレースを解除すると奇数フィールドか偶数フィールドのどちかの書き出しになるのですが、たぶん片方だけだと画像が粗いようです。
何所かで学んだワザなんですが(試していませんが)、奇数・偶数それぞれのフィールドを書きだした後、再度新たなプロジェクトで奇数・偶数それぞれの映像を50%の透明度で重ねると良いと聞いたことがあります。
是非、試してみてください〜

なるほど、音声加工のみであれば音声加工専門ソフトの方がいいかもしれませんね。
どちらかと言うと、Audition3はDTMソフトとして曲作りなんかの方に力を入れているように思えます。

Adobeだけではありませんが、大げさに書いてあるものがほとんだと思いますね。。。
実際に使っている人の話をネット上で探すと結構ためになりますよね。
Posted by Bumpyうるし at 2007年12月25日 21:56
>うるしさん
丁寧に有り難うございます(^^)
機会があれば是非試してみたいです〜
Flashで、簡単なアニメーション24fpsで再生したら早くなりました。
24fpsにすると音声も細かく表示されて細かい設定ができそうです(^^)
イイ情報有り難うございます!

Adobeサイト見る限り簡単に作れなくもない気がしたのですが体験版で挫折しました。。
製品版は買わないことになりそうです。
Posted by kent at 2007年12月25日 22:19
>kentさん
24fpsはクセになりますよ〜(笑

もしDTMとして使用するのであれば、やはり音楽専門のソフト会社の方が解りやすいかもしれませんね。
Adobeは音楽に手を出してきたのは最近ですからねぇ。。。
MacだったらLogicが最近安くなってお得だという噂を聞いてます。
(古くからのユーザーは激怒しているようですが)
Posted by Bumpyうるし at 2007年12月25日 22:33
>うるしさん
クセになりますか!

急に安くなると古いユーザーは怒りますよね〜
Posted by kent at 2007年12月26日 23:10
>kentさん
音楽業界の人から「LogicはMac本体買ってもお得だよ」と勧められましたよ。
そのぐらい高かったってことですよねぇ。。。
Posted by Bumpyうるし at 2007年12月26日 23:15
>うるしさん
そうなんですか〜
高かったんですねぇ
Posted by kent at 2007年12月27日 13:50
>kentさん
kentさんって確かMacユーザーじゃなかったでしたっけ?
DTMソフト購入をお考えでしたらLogicはいいかも知れませんね!
Posted by Bumpyうるし at 2007年12月28日 00:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8758203

この記事へのトラックバック